2011年10月23日日曜日

Aniceto Molina(アニセト・モリーナ) - Cumbia Cienaguera



Aniceto Molina(アニセト・モリーナ)の 「Cumbia Cienaguera」です。

曲の題名にもあるとおり、Cumbia(クンビア)というラテン音楽で、サルサ同様に男女で踊るダンス音楽でもあります。

Aniceto Molinaはコロンビア生まれで、12歳からアコーディオンを始め、アメリカ全土やカナダでツアーを行い、メキシコにも10年近く在住しています。

そのメキシコ滞在期間中には相当数な国内ツアーを行いブレークしました。

Cumbia(クンビア)は、南米コロンビアのカルタヘナ・デ・インディアス発祥のラテン音楽のひとつです。

パーカッション主体の4分の2拍子が最大の特徴で、現在ではラテンアメリカ諸国(スペイン語圏)で広く聞かれるます。

由来は諸説ありますが、発祥は19世紀に黒人奴隷がもたらしたパーカッション文化とインディオのフォルクローレのメロディラインが融合、語源は西アフリカのギニアにあるクンベという地名に由来するとの説が有力であるということです。

リズム体は複数のパーカッションで構成(ティンバレス、コンガ、ボンゴ、ギロなど)され、ドラムはほとんど使用されません。

メロディラインはアコーディオン、シンセサイザー、ホーンセクションのいずれかで構成されることが多く、稀にエレキギターやピアノも使われますが、ペルーではケーナが多用されます。

同じくラテンアメリカで広く聞かれるサルサに対し、上流・中流階級から好まれないものの、庶民の根強い人気を誇る音楽です。

1965年には世界と同様に日本でもレコード会社日本コロムビアの主導で瞬間的なクンビア・ブームが起き、弘田三枝子が1965年にEP「恋のクンビア」をリリースし、同年の「NHK紅白歌合戦」出場曲となりました。

リズムはインターナショナルで踊られるサンバ同様の4分の2拍子ですので、クンビアに慣れるとサンバも理解できるということになります。

とにかく、音楽は理論理屈を理解するよりも「慣れる」ということが重要ですので、耳慣れないジャンルや曲も何度も聞いて「慣れる」ことが必要です。

曲が「身体に入る」というところまでいかないと音楽に乗って踊ることはできません。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ